詩篇 22篇

ダビデの賛歌

わが神、わが神。

どうして、私をお見捨てになったのですか。

遠く離れて私をお救いにならないのですか。

私のうめきのことばにも。 わが神、昼、私は呼びます。

しかし、あなたはお答えになりません。夜も、私は黙っていられません。

けれども、あなたは聖であられ、イスラエルの賛美を住まいとしておられます。

私たちの先祖は、あなたに信頼しました。彼らは信頼し、あなたは彼らを助け出されました。

彼らはあなたに叫び、彼らは助け出されました。彼らはあなたに信頼し、彼らは恥を見ませんでした。

しかし、私は虫けらです。人間ではありません。

人のそしり、民のさげすみです。

私を見る者はみな、私をあざけります。彼らは口をとがらせ、頭を振ります。

「主に身を任せよ。彼が助け出したらよい。彼に救い出させよ。

彼のお気に入りなのだから。」 しかし、あなたは私を母の胎から取り出した方。

母の乳房に拠り頼ませた方。 生まれる前から、私はあなたに、ゆだねられました。

母の胎内にいた時から、あなたは私の神です。

どうか、遠く離れないでください。苦しみが近づいており、助ける者がいないのです。

数多い雄牛が、私を取り囲み、バシャンの強いものが、私を囲みました。

彼らは私に向かって、その口を開きました。

引き裂き、ほえたける獅子のように。

私は、水のように注ぎ出され、私の骨々はみな、はずれました。

私の心は、ろうのようになり、私の内で溶けました。

私の力は、土器のかけらのように、かわききり、私の舌は、上あごにくっついています。
あなたは私を死のちりの上に置かれます。

犬どもが私を取り囲み、悪者どもの群れが、私を取り巻き、私の手足を引き裂きました。 私は、私の骨を、みな数えることができます。

彼らは私をながめ、私を見ています。 彼らは私の着物を互いに分け合い、私の一つの着物を、くじ引きにします。

主よ。あなたは、遠く離れないでください。私の力よ。
急いで私を助けてください。 私のたましいを、剣から救い出してください。私のいのちを、犬の手から。

私を救ってください。獅子の口から、野牛の角から。あなたは私に答えてくださいます。 私は、御名を私の兄弟たちに語り告げ、会衆の中で、あなたを賛美しましょう。 主を恐れる人々よ。

主を賛美せよ。ヤコブのすべてのすえよ。主をあがめよ。イスラエルのすべてのすえよ。主の前におののけ。

まことに、主は悩む者の悩みをさげすむことなく、いとうことなく、御顔を隠されもしなかった。むしろ、彼が助けを叫び求めたとき、聞いてくださった。 大会衆の中での私の賛美はあなたからのものです。

私は主を恐れる人々の前で私の誓いを果たします。 悩む者は、食べて、満ち足り、主を尋ね求める人々は、主を賛美しましょう。

あなたがたの心が、いつまでも生きるように。 地の果て果てもみな、思い起こし、主に帰って来るでしょう。また、国々の民もみな、あなたの御前で伏し拝みましょう。

まことに、王権は主のもの。主は、国々を統べ治めておられる。

地の裕福な者もみな、食べて、伏し拝み、ちりに下る者もみな、主の御前に、ひれ伏す。おのれのいのちを保つことのできない人も。

子孫たちも主に仕え、主のことが、次の世代に語り告げられよう。
彼らは来て、主のなされた義を、生まれてくる民に告げ知らせよう。



詩篇 23篇

ダビデの賛歌

主は私の羊飼い。私は、乏しいことがありません。

主は私を緑の牧場に伏させ、いこいの水のほとりに伴われます。

主は私のたましいを生き返らせ、御名のために、私を義の道に導かれます。

たとい、死の陰の谷を歩くことがあっても、私はわざわいを恐れません。

あなたが私とともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖、それが私の慰めです。

私の敵の前で、あなたは私のために食事をととのえ、私の頭に油をそそいでくださいます。

私の杯は、あふれています。

まことに、私のいのちの日の限り、いつくしみと恵みとが、私を追って来るでしょう。

私は、いつまでも、主の家に住まいましょう。


詩編121編 

【都に上る歌】

目を上げて、わたしは山々を仰ぐ。

わたしの助けはどこから来るのか。

わたしの助けは来る

天地を造られた主のもとから。

どうか、主があなたを助けて

足がよろめかないようにし

まどろむことなく見守ってくださるように。


詩編113編

【主は低みからご覧になる。】

主はすべての国々の上に高くいまし、その栄光は天の上にある。

だれが、われらの神、主のようであろうか。主は高い御位に座し、

身を低くして天と地をご覧になる。

主は、弱い者をちりから起こし、貧しい人をあくたから引き上げ、

彼らを、君主たちとともに、御民の君主たちとともに、王座に着かせられる。

詩編139編

【主は天上ではなく身近に】

ことばが私の舌にのぼる前に、なんと主よ、

あなたはそれをことごとく知っておられます。

あなたは前からうしろから私を取り囲み、

御手を私の上に置かれました。

そのような知識は私にとってあまりにも不思議、

あまりにも高くて、及びもつきません。

私はあなたの御霊から離れて、どこへ行けましょう。

私はあなたの御前を離れて、どこへのがれましょう。

たとい、私が天に上っても、そこにあなたはおられ、

私がよみに床を設けても、そこにあなたはおられます。

私が暁の翼をかって、海の果てに住んでも、

そこでも、あなたの御手が私を導き、あなたの右の手が私を捕えます。